昭和10年~昭和19年

昭和10  優勝候補随一の海南中が県予選決勝で伏兵海草中に最終回打棄られ雄図空しく挫折した。
昭和11  5年ぶりに和歌山商、紀和代表となり、野外スタンド完成し、すりばち型の甲子園に駒を進める。
 本大会2回戦、対福井商戦に和歌山商・小林投手ノーヒット・ノーランの記録を作る。
昭和12  紀和代表となった海草中は本大会において準決勝に進出、中京商に惜敗。
昭和13  黄金時代の海草中は本大会第1回戦に平安中と対戦、後半島投手崩れて逆転され、長恨の涙をのむ。
昭和14  海草中は3ヶ年連続甲子園に出場。18年ぶりに大優勝旗を紀州路に持ち帰った。島投手は5試合無得点、被安打8、奪った三振56の大会記録を作った。とりわけ準決勝(対島田商)、決勝(対下関商)の2試合はノーヒット、ノーランという大会未曽有の記録を樹立。
昭和15  日支事変の中に紀元二千六百年記念、全日本中等体育総力大会の一部として開催される。
 紀和代表、海草中は悪戦苦斗、粘り抜き連続全国優勝を遂ぐ。
昭和16  独ソ開戦、戦雲益々急を告げ県予選直前に文部省次官通達により全国大会は中止となる。
昭和17  文部省主催、学徒総合体力大会の一部として開催、県予選出場校僅に4校、第2次予選(奈良、三重、和歌山)は奈良で行い海草中が代表校となった。本大会は準決勝で徳島商に惜敗す。
 秋、明治神宮大会で海草中が4年連続優勝の偉業を遂げる。
 11月、朝日新聞社へ海草中・真田主将の手より大優勝旗を返還す。
昭和18  野球廃止の旨、愛知県が発表するや全国各地に反響を呼び、本県でも僅に残る和歌山商、海草中、海南中3校で大会を行ったがこれを最後として野球部を解散輝く球史も中絶の止むなきに至った。
昭和19  第二次世界大戦のため、野球中絶。